殺せんせーうちの先生知っていた:人間は理想の先生になれないのか「暗殺教室」

アニメにもなり実写映画にもなった「暗殺教室」。
読んだ方も、名前を知っているだけの方もいらっしゃるでしょう。

E組のEは「エンド」のE、学校内で落ちこぼれと蔑まれ旧校舎で「ああはなりたくない見せしめ」として存在する。
そこに担任として赴任したのは、月を爆破し来年の3月には地球をも爆破するという超生物!
政府はE組の生徒たちに来年の三月までに担任を暗殺することを任せる。成功報酬は100億円。
しかし、この超生物は能力が桁違い。そして、「教師」であることを忘れない。
E組は、勉強はもちろん、暗殺のための指導を超生物から受けることになる。
「殺す先生」だからネーミングは

「殺せんせー」

殺せんせーが、落ちこぼれああなったら終わりのE組に活力を与え始める…
しかし、恩師・殺せんせーはE組によって暗殺されることが目標。

君に人生を変えてくれた師はいるか?
人生を変えてくれた師を殺せるか?!

この作品は漫画界を大きく変えたと私は思います。

漫画家が、
自分の創作の構成通りに
人気があるからと無理な引き伸ばしをすることなく
作品を完成させれば

面白い、完成度の高いマンガになるのだということを示したのです!

本当にこのマンガには過不足がありません。
そして個々のエピソード、どれかしら胸に響きます。
少年少女の「伸びしろ」がすごい。
どんどん成長していきます。
濃密な一年間!

教師マンガは数々あります。
普通の教師が情熱で「落ちこぼれ・不良・問題を抱えている生徒」を救う。
元不良や極道が「落ちこぼれ・不良・問題を抱えている生徒」を救う。

面白いんだけど嘘くさいと思ったことはありませんか?
私はあります。
フィクションだから娯楽だからいいんだと言ってもいいですが。

情熱で指導する先生、他の先生に迷惑かけていませんか?
学校は集団で、教師にもチームワークが必要な場合があります。
独走していませんか?

喧嘩が強い先生、それ、一歩間違えれば犯罪だから。
暴力だから。
暴力で、それより強い存在が出てきたらどうするの?

「水戸黄門」みたいなものですよ。
でも、ご老公さまには「地位」があり「権力」があり、
それを無視する者には、助さん角さんという「武力」がある。
「情報」収集には八兵衛、風車の弥七、くノ一。
その上での物語なんですよ。

「殺せんせー」の設定は、教師マンガの欠点を見事にクリアしています。

全く弱点のない超生物。

そこで、私は逆に考えてしまいます。
殺せんせーがE組にしたことが、並の人間にできるでしょうか?
生徒一人一人の個性をつぶさに観察して、ひとりの人間として磨き上げる。
生徒は、28人です(在籍26人プラス転入生2人)
公立中学は今でも40人学級がほとんどでは?

そして、モンスターペアレンツの存在。
地域住民との軋轢。

超人。超人。
どこまでの能力を世間は教師に求めるのでしょうか。

「暗殺教室」はマンガです。
それですら、28人です。
その28人が成長していくのを見るのは実に面白い。

どうか一度お読みください。エンターテイメントとして完成されたマンガであることは間違いありません。

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA