魂は精神肉体とで創る:君はあの「ソウルイーター」を見たか

アニメ「炎炎ノ消防隊」の原作漫画の作者・大久保篤氏が過去に描いた「ソウルイーター」もアニメになっているんですよ!

いやぁ、私このブログではなるべくキャッチーなマンガを取り上げて、
読者が付いてからマイナーな推しマンガを推そうと思ってたんですがね、

大久保篤先生が原作なら未視聴の「炎炎ノ消防隊」みようかな。
ああ、時間が足りない!
我に時間を!

と、オタクにありがちな余生より積みアニメの方が長い状態になりそうです。

それで、私は「ソウルイーター」がコマ使用許諾が出ているとばっかり思って、
朝からせっせとスクショをトリミングしてたんですよ。

で、アル(マンガアプリサイト)に行ったら

あれ?
コマ投稿できなくね?

「ソウルイーター」のかっこいいスタイリッシュなバトルや名セリフを貼れなくて残念です!
アニメ「ソウルイーター」はアニメオリジナルの最終回でしたが、それも良かったんですが、
マンガ「ソウルイーター」の最終巻はバリバリかっこいいです!

アニメ「ソウルイーター」の最初のオープニング曲はTMRevolutionのResonance。
初回視聴したとき、このオープニングでヤラれました!
かっこいい!
YouTubeにあります!
でも著作権法違反動画です!
貼れません!
検索してください!!

このアニメ、声にこだわる人は主人公・準主人公が新人でまだそのなんだ、ちょっと慣れてない感じだったので、そこで脱落しました。
アニメーション重視の私みたいなタイプが
かっけぇー、マジかっけー!
と、
尊さに泣きながら完走したのですよ。

すごくいいアニメです!

「健全なる魂は、健全なる精神と健全なる肉体に宿る。」

まず、これがこのマンガのテーマです。

舞台は「死神武器職人専門学校」通称しぶせん。
この世界には魂を狩る「武器」になる人間と
武器を作る「職人」が存在して
しぶせんでは「職人」や「武器」が生徒として切磋琢磨しています。
「職人」と「武器」の義務は「99個の人間の魂」と「1個の魔女の魂」を武器に食べさせ死神様の武器である“デスサイズ”を作ることです。

色々なタイプのバディが出てくるバディアニメとして鑑賞しても楽しい。

で、この世界では「死神さま」が一番偉くて、「人間」と対立する存在として「魔女」がいて、ひとりの悪い魔女が自分の子に愛を与えず育てて強大な力を得ようとするんですわ。

親子の関係、という視点で読んでも面白い。

そして「愛」や「友情」という人間を人間たらしめる部分は
「恐怖」、絶対的な恐怖に打ち勝つことができるのか?
という命題にぶつかるのです。

「神にできる事が俺にできないわけねェだろ!!!
俺にできねェ事は俺にしかできねェ事だ!!」

ラスボスに戦いを挑むヒロインの仲間の台詞。好きです。
そして「魂の共鳴」。
職人と武器が魂の共鳴を起こすと単独では得られない力を発揮できるんですが、
ラストバトルではそれが…

いやぁ、燃える!

♪繋いだ魂の灯が 胸を指すなら
言葉よりもっと 強い響きが
今 聞こえるか?

出会った理由はどうだっていい
魅きつけられて
触れた瞬間のキズの分だけ
確かになれる

私はアニメ派なので、見てください!損はしません!
原作は25巻完結です。

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA