オヤジ好き嫌がらせ婚で華が咲く:全てを得た最強の美女「悪の華道を行きましょう」

私のようにTwitter広告を「この広告に興味がない」で消しつづけてマンガ広告ばかりにすると、「悪の華道を行きましょう」はたびたび広告が出ます。

「広告って、読むやつがいるから出すんだね…」と息子に言われましたが

読みました!

前世の記憶最強!

悪役ヒロインが、デブハゲの中年男と結婚させられることから物語は始まります。
婚姻寸前に前世の記憶がよみがえり、

彼女は前世では「オヤジ好き」だった!

そういう目でみるとハゲも中年太りも加齢臭も愛おしい。
それは夫の中年男=この国トップの政治権力者には全くの予想外で
嫌々結婚した妻をいびるはずだったのが…

あんまり面白いので原作小説読みました。
続編も読みました。コミカライズされないのかな。
短編で完結していますから、すぐ読めます。

いやぁ、愛と金と権力に磨かれて女は美しくなる!
誰もこのバカップルの幸せを止められない!!
最強ヒロインが悪女として華開く快感!

蓼食う虫も好き好きと言いますが、人の好みはそれぞれですからねぇ。
私も若い頃は「ブサメン好き」と誤解されてて色々ありました。

「ブサメン」が好きなわけじゃない!
美術やってたから美男子は彫刻とかデッサンの対象に見える!
そこそこのハンサムで身長も高い男って無神経が多い!<当社比
いやだって背が高いと足下見えてないから踏むもん!色々!
こっちがちやほやして当たり前な男は疲れる!
美女に限らず美男も三日見れば飽きる!大事なのは内面!
コンプレックスがあって几帳面な男が好きなの!
それがブサメンなのは「たまたま」です!

そこんとこ誤解されて友人に
「この人彼女できないんだけど、わにさんならタイプじゃない?」
と紹介されましたよ、「変人」を。
違うんだってば。

紹介された相手がデートなのにノープランで
鎌倉連れてって、相手が何も知らないから解説して
こっちが気をつかってばかりであんまりにも疲れたから最後「縁切寺」に連れていったんですが、全くその意味が通じず
「今日は楽しかった、また会ってください」
ってーいうような男はダメなんだってば!
そりゃ楽しかったろうよ私がガイドした一日観光だぞ。

私が結婚した相手はイケメンです。
イケメンでも気遣いが細やかなタイプっているのね。
そういうイケメンはイクメンだよ?
私の方が無神経なので<比較として
ダンナは時々疲れるみたいだけどー
気が回る男性と暮らすのは大変なこともあるけどー

うちのダンナ私が病気の時
「夕飯食べて帰るから作らなくていいよ」
なんて言わないからね!
「何なら食べられそう?買って帰るから。あ、アクエリアス要るよね。保育園には俺が行く」
だから!

あ、脱線しました。

言いたいのは、
人の好みはそれぞれ。
そして
人の恋路を邪魔するヤツは馬に蹴られて死んでまえ
ってことです。

悪役令嬢は魔性の女に変身する!

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA