俺はまだ自粛できるというオタク:紹介句没句 #オタク川柳

タイトルの句が自信作だったんだけど、スルーされました!
まじか!
類句多数かな?

ってことは、もっといい句を詠まねばならぬということです。
オタク川柳公式Twitterに紹介された句は以下の通り。
あ、二次元にゃこ式部応募もひとつ入ってます。

二次元にゃこ式部はメガネが今年の必須テーマなのですが、
アンダーリムでスーツしか思いつかなかった。

他のツイの紹介句は、
ハートの数を見るに、ヤバい。
予選通過せぬかもしれん。

もっと推し、じゃなくて押しが強い句を詠まねば~!

オタク川柳を詠む手順

1.オタク川柳の神様が降りてくるのを待つ
2.なんかきた
3.五七五に切りそろえる

簡単です!

まず、3.ですが、これは俳句や川柳を五七五に整える基本です。
日本語は、名詞+助詞!とか用言活用形+助動詞!とかが多いっすね。
名詞そのものだけ、ってのもありっす!
短詩系文学はこれが基本で、
形用できるなら+αすればいいっす!

五月雨を集めてはやし最上川

さみだれ(名詞)+を(助詞)!
集め(用言の動詞「集める」活用形)+て(あれ、助動詞だよね?まいっか)!
はやし(用言の形容詞「はやし(はやい)」活用形)!
最上川(名詞)!

例えば
「自粛させてください!俺はまだやれます!」
というセンテンスを分解し再構築すると
「自粛」「俺」「まだ」「やれる」

→俺はまだ自粛できるというオタク

に、なるわけです。

これは単純に訓練なので、数をこなせば早く五七五にできるようになります。

んで、2.ですが、これはアンテナ感度です。
実は私、これが一番弱い。
このワードとこのワード、縁語だ!とか掛詞だ!ってな感覚ですよ。
古文法の用語を使わないで言うと、
縁語ってのは、ボケとツッコミみたいなもんで、
「あ~こうやってああやる」
「それは〇〇や!」
って繰り返すでしょ?
うまくハマると面白いでしょ、あれ。
掛詞ってのは「ダジャレ」です。
ああ、ダジャレの才能が欲しい。

で、1.はひたすら情報をキャッチする作業っすね。
ニュースがソースのことが多いです。
どんなことが今起きているのか。
ニュースを正面から読んでも「ふーん」ですから、
どんな視点で見るか。
それにはすでにある知識との突き合わせ、融合が必要です。

短詩系文学は、すでによく知られている出来事は説明抜きで使ったりします。

例えば、
私は「ひきこもり主婦」ですけども。
私はひきこもり主婦です、じゃ川柳にならんです。
自分の句ですが、

和尚さん 俺は部屋から 出られない

とんちで有名な一休さんを下敷きにしております。
屏風から虎を出せってのは、相手は将軍だった気がするけど、
一休さんを連想して欲しいので、そこはそれ。

んーで、なんでも川柳川柳と考えてても神様が降りてきません。
オタクならオタクらしく、
マンガを読みアニメを見る。この生活は崩さない。
そこに突然降ってくるのをつかまえるのです。

あああ、なんか降りてきてくれー!

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク, 川柳 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA