描き下ろしオタクの呼吸また止まる:息してません「鬼滅の刃23巻」

いつも電子書籍派なのですが、
最終巻は紙の書籍を買いました。

鬼滅の刃23巻!

なぜなら!紙の書籍じゃないとダンナに読ませられないから!

ダンナは非オタ。
でも、アニメは私と見ていました。
続きの話はピロートークで私がダンナに語りましたし。
いや、それピロートークってどうよ?
ってのはさておき。

私が読んでひとしきり泣いてから
ダンナに読ませまして、
解説しながら思い出し泣きしながらです。
それで

夫「いい話だった」

言質とりましたァーーーーー!

私「アニメ見てるんだから、
劇場版鬼滅の刃無限列車編を見て
アニメ二期を見れば
最後まで話がつながるよ?」

夫「二期はいつ?」
私「わかんない!」
ええ、アニメ二期って予定されてもいないです。

だが、
夫「じゃ、密にならないような時期を狙って、見るかぁ」

言質とりました!!!

やったよ、映画デートだよ、実は私がもう映画を見たのは内緒だ、乗車二回目してきます、絶対また泣く自信ある!

そして。
皆さん!
特に「本誌で読んだから単行本はいいや」と思っている既読の皆さん!
私も既読です!

絶対に読め!23巻!

加筆修正、かなりあります。
特に結末の追加描き下ろし…

滂沱!

苦しいよ、胸が苦しい。息ができない。止まるよ。

んで、Twitterを見たらば、何?
昨日の夕方の新聞広告

だけでなく、今日の朝刊にも新聞広告…だ…と?
うちは朝日新聞です。

善逸!

禰豆子!

無一郎!

作者!ワニ作者!

また泣かされた…
夫「大人は涙をこらえるからつらいよね」
息子「作者がワニだから、100ワニもどうぞ」
私「なんて恐ろしい抱き合わせ商法を考えるんだお前は!天才か!」
笑い。

生きているから、泣いたり笑ったりできる。
そのことをこんなにも幸福だと思えるのは、
「鬼滅の刃」を最後まで、
作者が描き加えた本当の最後までを読んだからです。

注目して欲しいのは、
第204話「鬼のいない世界」
悪い鬼がいない世界になった→人を喰う鬼がいない世界になった

そうだよね!
鬼も哀しかったよね!

んで、推測じゃない作者公式のカップリングがあるぞ!
と、いうか、子孫たちの解説だ!

そしてワニ作者が読者を殺しにきた部分は
「生まれてくることができて幸福でした」
で始まって
「最愛の仲間たちよ」
で終わるぞ!

私の感想を考えていたらポエムになってしまいました。

考えて欲しい、あなたの最愛の仲間を
それは家族かもしれない
友人かもしれない

誰もいないかもしれない

でもそれは
学校にいないとか 職場にいないとか
本当にどこにもいないかと思ったら

ネットにいるかもしれない
ゲームの中にいるかもしれない

人は誰かと全くかかわらず生きていくのはとても難しいから

それでも孤独な人は

物語を読むといい
その話を好きな人が
世界のどこかにいる

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク タグ: パーマリンク

描き下ろしオタクの呼吸また止まる:息してません「鬼滅の刃23巻」 への2件のフィードバック

  1. 綿貫海雨 のコメント:

    おはようございます。
    電子で読まれる方多いですね。
    発売当日0時に購入し読めるのはうらやましい。
    形に残しておきたい派なので紙書籍です。
    23巻びっくりする位加筆されてました。
    ジャンプだと突然現代に移行するのでとまどいましたが、加筆によって自然な流れで読めました。
    最後もものすごくよかったです。

    • 入り江わに のコメント:

      0時はダウンロードがかなり時間かかったらしいですよ、
      アクセス集中で。
      本当に、これで完結版最終回、って感じでしたよね!
      最後号泣ですよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA