コロナ日本そんなにGoToどこ行ける:オタク川柳紹介句と川柳雑感

今週紹介された第16回応募句です。

まだ勝てる句ではないな!
頑張って詠むしかないな!

今週は色々な公募に落選しててガッカリです。
サラリーマン川柳やお~い!お茶新俳句の系列は、歯牙にもかからないなぁ…

どこにでも当選句として出てくるあの人やこの人はすごい。
当然、オタク川柳紹介句にも出てきます。
オタク川柳には、私も自分の分野じゃないオタク川柳を詠むので、
この人は何オタクなんだろな?
と推測しながら見てます。

ええ、私、タイムライン全部は見てないのですが、
オタク川柳の紹介はしっかりとチェックしております。

そうだな、今ざっと見て自分の句は今年はアニメ句しか出してないな。
アニヲタですから!
今年はそんなにアニメ放送を見てないけど
「鬼滅の刃」がメガヒットですからねぇ。
すぐに「呪術廻戦」が来ますけどね、
第16回オタク川柳募集の間は、まだ、来ないでしょう。

それ以外にテツもよく詠むんです。
過去に紹介もされてます。
ダンナが時刻表を時々「読んで」いるので。
テツなんじゃないの?って聞くと、違うって言うんですけど。

枕元に時刻表を置いて時々読んでても、非オタ。
バーチャル旅行計画立てるのが趣味でも、非オタ。
日本で乗ってない線路はあまり残ってなくても、非オタ。
日本全国行ってない都道府県はなくても、非オタ。

オタクの定義って何なのさ!?

毎年ぶつかる壁ですけどね。「オタクとは何か」。

「川柳とは何か」もよくぶち当たる壁です。
特に文芸川柳。
水野タケシ師匠はあっさり定義してます、
「俳人が詠んだら俳句、川柳人が詠んだら川柳」
境目がないことが多くなってきましたから。

最近、文芸川柳も詠むようになってまして、
懸賞川柳が下手になってきているような…

ただ、懸賞川柳は笑えても感動することは稀ですね。
文芸川柳は、感動することありますよ。

かなしみの海花束が沈まない(古谷竜太郎)
人間が欠片となっていく戦(青木薫)
にっぽんの祈りのかたちにぎりめし(若林柳一)

絶対に笑えない。
うゎー、ってなる。
私はね。

実は、オタク川柳でもこれくらいのレベルの句を詠みたいんです。
でも、受賞から遠ざかるかもなぁー

オタク川柳で私の好きな句は

実物大?実物ないのに実物大?

ガンダムを詠んだ句です。

そして、不朽の名作だろうと思うのは

聞いてない誰もそこまで聞いてない

です。
あー、これを超える句を詠みたいなぁー。
無理だろうなぁー。

でも、可能性は0じゃないですよね?
私はもう一回神になったら殿堂入りだけど
逆に言えば、神にならなきゃ挑戦は続くのです。
がんばる。

応援よろしくお願いします!

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: 川柳 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA