デブ爽快ワタシは皆の太陽よ:ポジティヴなデブが活躍するサスペンスラブコメディ「デブとラブと過ちと!」

そういえば紹介してなかったなぁ、と思い出したので「デブとラブと過ちと!」です。既刊三巻。comicoで一話ずつ無料で読めます。

デブでブスでコンプレックスの塊の地味女、それが夢子。
…のはずだったのに?
事故で生死の境から蘇ったらすっかり性格が変わっていた!
超・ポジティヴシンキング!!

デブじゃないの。この完璧なプロポーションを保つのに苦労してるの、食べてるの。
太ってつやつやのなんて美しいもち肌。
どうしてワタシってひとつも欠点がないのかしら?

という自信満々積極的性格に変身!
ただし、事故前の記憶はなし。記憶喪失ってやつです。

そんな夢子が会社に復帰すると戸惑うのは周囲ですが、
ポジティヴの上にパワフルな夢子のペースに段々巻き込まれていきます。

会社はお菓子の会社。所属は企画室。
実は記憶喪失前の地味夢子は、自信がなくて企画に出さなかったアイディアノートを引き出しいっぱいに書いていました。

夢子、企画を通します。
商品化に向けて頑張る間に起きる様々なこと。
イケメンへの恋心。それは地味夢子も持っていたものらしい?
しかしそのイケメンは…
それに、夢子の事故は殺人未遂事件の可能性が高いですって?!

と、まぁ、サスペンスを軸に社内恋愛を絡め、デブパワーで豪快に問題突破していく夢子のラブコメディなマンガです。
色々と記憶喪失前の夢子の性格形成の問題とか出てくるんですよね。
やっぱ親が、まぁ母親が夢子を全否定してたんす。
刑事に「娘の安否よりご自分が近所にどう思われるかの方が大事なんです?」と指摘されたら夢子は母親をかばいます。
「少しばかり心配性なだけよ!…多分!」「(お母さんは)私という宝石を産んだのよ!これ以上誇れること他にある!?」
夢子、一事が万事この調子です。そして大マジ。

日々起こるトラブルも全部こんな感じで周囲があきれて根負けしちゃうんですよ。

話が進んで過去の地味夢子のことがわかってくるにつれて、
ポジティヴ夢子も多少は不安になります。記憶がもどったら昔の「死んだ魚の目の私」になってしまうのでは…
しかし、殺人の容疑者が夢子の片思いの相手イケメンですから!
その無実を晴らさなければ!

自信の塊の夢子の大活躍がとても楽しいマンガです。
続きが早く読みたいんだけど、私は巻読みしてて最新三巻まで読んじゃってるからなー。
早く出ないかなぁ、続巻。



追記:
まだ軽い頭痛がするんですよ。
寝不足の時のような…寝不足かなぁ?
ちゃんと眠れてるつもりだけど、時間が短いのかな。六時間半くらいは寝てるはず…。
そんなわけで、無理せず更新しますので!

シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA