心ない悪魔にあった和の心:悪魔のまーくん茶道を学ぶ「お茶にごす」

容赦ない攻撃と破壊力から「悪魔」と恐れられた「まーくん」には野望があった。それは

「いい人になること」!

いい人って何?
道を聞かれたり、カメラのシャッター押してくださいと頼まれたりすること!
しかしまーくんは眼光鋭く顔が怖いので、ビビられるか喧嘩を売られるかの二択!
だが、高校に入って変わると決意、そこで入部したのが

「茶道部」!

茶道部三年生・姉崎さんは大和撫子を体現したかのような女性。
まーくん、恋をしてるんだよな…?なにせ心がないんでいまいち反応がわからないけど。
そして、まーくんの親友、小学校からの友だち山田。
見た目はイケメン軟派で軽そうだが、
悪に対しては「電子レンジ」。
まーくんより攻撃が早かったりする!
いい友だちなんだなぁ、これが。

人間の心、というか他人の心がわからないまーくんに山田は常識的なアドバイスをするんだけども。

さて、この人間関係に絡むのが
茶道部一年女子・夏帆。
まーくんの心の中では「狂犬」と呼ばれている。
恐れを知らずまーくんと山田にかみつくかみつく。
本人はまーくんの悪の牙から姉崎部長を守っているつもり。

まーくん&山田は小学校から中学まで
売られた喧嘩は買う
悪はボコる
という生活をしていたので、

「いい人」ってのがわからぬ。

姉崎部長との関わりの中でそれは「優しい人」なんではないだろうか、と定義する。
そして姉崎部長とまーくんは「喧嘩をしない」約束をするんだけども。

無理。

結局は誤魔化すことになるんだねぇ。
でも、やってることは正義だぞ?

ああ、「いい人」って何?!

顧問教師は女子生徒につられた軟派な男子だろうと高をくくってまーくんと山田を追い出そうとするんだけれども、
山田はともかくまーくんは硬派だからね、一度やると決めたら折れない。
そんで、夏の合宿に禅寺で修行したりして、

「茶室の中では全ての争いの心を捨てる」

ってのを会得するんだね。学園祭での嫌がらせに耐えるまーくんと山田は偉いわ~

と、メインストーリーは、まーくんの心の成長です。
コメディです。
普通の常識とは異なるまーくんの常識。
姉崎部長という手本で人間性が修正されていくのが…なぜか可笑しい。まーくんの心中での理解描写がね。

それに、ゆるーく恋愛が絡む。
高校生ですから!
まーくん→姉崎部長
山田→夏帆
夏帆の親友・智花→まーくんに「ブルー」とあだ名をつけられた他校生
この辺りがもじもじします!

恋愛がメインじゃないので、最終回でも恋バナははっきりしないままです。
でも、まーくんは上手くいったんだよね?!そう解釈していいよね?!

とにかく楽しいマンガでした。
読後感も良かった~
四月から実写ドラマ化予定の原作マンガです。
とても面白いんですけど!!
好きだ!!
さぁ、読んでからドラマ見る?ドラマ見てから読む?

【付記】
一週間も更新あけてしまいました!
体調不良でした!
頭痛がありましてね。偏頭痛っぽかったのですが、
翌日白米を食べてただけなのに歯の詰め物が取れまして。
その翌日白米を食べてただけなのに別の歯の詰め物が取れまして。
休日が入ったので、三日してからつけに行きましてうまくつきましたが頭痛が終わらぬ。
尿道に痛みが少しあったんで薬を飲みまして良くなったんですが頭痛が終わらぬ。
これは、眼鏡のレンズに傷があるせいかなー古いからなー、それとも天候かなーと思っていたら
昨日の爆弾低気圧の中、頭痛が治まりました。なんでや。
まだ色々とだるいんですけどね、
地震で水道が水漏れして修理呼んでとかしてたから疲れた。

だが、ぼちぼち復帰します。
よろしくお願いいたします。



シェア:

入り江わに について

オタクじゃ老害、川柳じゃ若手!オタクが互いをお宅と呼んでいた頃からのマンガアニメオタク。兼、川柳人。
カテゴリー: オタク タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA